« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月17日 (土)

太田和彦さん

私の尊敬する、酒呑みの一人

一部酒呑みの間では仙人とあがめられ神格化されております

太田さんと言えば、CATV等でおなじみの番組

「居酒屋紀行」

これを初めて見たときは、腰が抜けそうでした

基本的に「酒呑みが、居酒屋で酒を呑むだけ。」の番組です



例えば、当ブログ「池袋」や「浅草」のようなコースで

太田さんが呑んでいるところを放送するだけの番組ですが

杯の持ち方 ・ 肴の選択 ・ 杯を開けるときの表情

どれをとっても一流の酒呑みです

この番組を見て酒を呑みたくならない人は

酒呑みではありません


DVDも発売されておりますし、「旅チャンネル」で放送されていますから

是非ご覧ください

              *

その太田和彦さんと、私は、

面識はありませんが、遭遇したことはあります

銀座の某バーでの事です

ちなみにそのバーは、ハイボールで有名なお店です

もちろん、その時が初対面ですが、

「お久しぶりです」と声をかけてくれました

私の隣で、ハイボールを嗜む太田さんは

やはり酒呑みとしての風格が漂っておりました

後日、ご自身の掲示板で少しやり取りをしてもらいましたが、

私にとって、どんな有名芸能人と会うよりうれしい出来事でした

いつか、また遭遇して酒呑みに付いて語り合う日が、

私の夢です

2006年6月 4日 (日)

池袋

西口に東武デパート

東口に西部デパート

非常に判りにくい街、池袋


池袋は、意外な酒呑み不毛地帯です

意外と気が利いた店が少ない街なのです

そんな中から池袋の素晴らしさを抽出してみます



【みつぼ】 東口 書泉脇

やきとんの名店です

一本から焼いてくれるのはもちろんのこと

居酒屋メヌーも豊富

お勧めは「温かい奴」「ハラミ串(塩・タレ共に)」

「定番」の熱燗を飲むか、お湯割り梅入りにするか

うれしい悩みがあります

「ハラミ刺し」も忘れてはならないところ

「刺し盛」はモツの刺身盛り合わせです

わたしは生は頂かないのですが、

ショウガ・ニンニクがたっぷり付いてきて

モツ好きには堪らぬのだとか


ここは二人で3,000円がご予算です

おなか一杯にしようと思えばもう少しご準備を



【秋吉】  西口 マルイ裏

わりと有名なチェーンの焼き鳥屋さん

しかし、チェーン店の悪さは無く

そのメリットを生かした名店です

お勧めはありません

好きなものを食べてください

私の好きなものは、ハンバーグ(早くしないと売り切れる)

串カツ(豚)、ミノ

熱燗、冷酒、サワー、ウーロンハイ

何でも飲みましょう

さぁ、下地を入れたら、夜の池袋の本番です




【To's】 西口マルイ裏

トゥーズ と読む、BARです

そもそも開店は7年ほど前、

OさんとTさんの二人で創めたお店でした

ここに通えば池袋事情がほとんど判る

そんな情報通の集まる、活気あるお店でした

事情により一時閉店後、

昨年、Tさんが1人で現在のお店を復活させました

現在は、完全な隠れ家BARの様相

飛び込みで入ろうと思っても絶対見つからない

秘密基地になっています

スタンダードカクテルも良し

オリジナルを頼むも良し

有名店とは違う趣を感じたければ

是非、探してください


バーを梯子して回る事を

バーホッピングと言うそうです

この店で次のお店を聞けば、好みの店を教えてくれますから

相談するのも良いでしょう

ディープ池袋情報はこの店に集まっています

 

浅草 2

「暮六つ」が無くなりました


大変寂しい事です


今は別のお店が以前の佇まいを残しながら、営業しています

しかし、なんだか新しい看板と、古い家屋が馴染みません


「暮六つ」

どんな店かは、私が紹介するまでもない名店

完璧な古民家内装の居酒屋でした

料理はしっかりした和食

献立・料金は、料理屋のイメージでした

満州引揚げ漫画家さん達の会合に

出くわしたこともありました

接待に良し、一人で良し、

なかなか味のある店でした



またひとつ、東京の名店の灯が消えました

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »